美容皮膚科

Anti Aging

注射・点滴

当クリニックでは、美肌になりたい、疲労を回復したいなど、患者様のニーズにお応えすべく、様々な点滴や注射のメニューを取り揃えております。これらの点滴や注射は継続して受けられるとより効果的です。

 

料金表

部位・内容 料金(税抜き)
プラセンタ注射 ¥1,200
総合ビタミン注射 ¥1,500
高濃度ビタミンC点滴
※初回に限り溶血性貧血発作のリスクを減らすための
G6PD検査を採血で行います。(税抜き5,000円)
¥10,000~
マイヤーズ点滴 ¥5,000
グルタチオン(白玉)点滴 ¥3,000~
酸化ストレス測定 ¥7,000
糖化ストレス測定 ¥5,000
酸化・糖化ストレス測定セット ¥10,000
レーザー治療各種 詳細はこちら

お悩みから探す

患者様のお身体を内側・外側の両面からサポートし、若々しい心身を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

プラセンタ注射

プラセンタ注射とは

プラセンタ(メルスモン/ラエンネック)は、ヒトの胎盤から生理活性物質を抽出した医薬品です。
プラセンタ注射を定期的に行うことにより、さまざまな効果を発揮できます。

プラセンタ注射で期待できる作用

抗酸化作用

プラセンタは老化やさまざまな病気の原因とされる「活性酸素」の働きを阻害する効果があります。

ホルモンバランスを整える作用

プラセンタには乱れたホルモンバランスを整える働きがあります。
生理通でお悩みの方や、生理の前後にニキビが悪化する方、更年期障害の方にもプラセンタ注射は効果的です。

抗アレルギー作用

プラセンタには抗アレルギー作用があり、アレルギー体質(花粉症、アトピー性皮膚炎など)が改善します。

免疫力・自然治癒力を高める作用

プラセンタは免疫力・自然治癒力を高め、細胞を活性化させます。

肝機能を高める作用

プラセンタは肝臓の機能を高めます。
毒素を排出する肝臓の機能が高まることでデトックス効果が期待でき、お酒に強くなる、肌の調子が良くなるといった効果があります。

血行改善作用

プラセンタの血行改善作用で肩こり、腰痛、冷え性が軽減します。
また、疲れにくくなる、疲労から早く回復できるといった作用もあります。

総合ビタミン注射

総合ビタミン注射とは

総合ビタミン注射とは、いわゆるにんにく注射のことです。 当院の総合ビタミン注射は、ビタミンB群、ビタミンC群、ビタミンE群が配合されていて、倦怠感や食欲不振、身体の酸化への阻止を助けてくれます。

効果

  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 活性酸素除去
  • 血行改善

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴はこんな方におすすめです!

  • お肌のくすみが・シミが気になる方
  • お肌のハリ・シワなどの衰えが気になる方
  • 慢性的な疲労感がある方、疲れやすい方
  • ニキビができやすい方、また治りにくい方
  • 風邪を引きやすい方

高濃度ビタミンC点滴の効能

美白効果 メラニンの生成を抑制し、シミや色素沈着を薄くします。
コラーゲン生成
促進作用
肌のハリや弾力のもととなる線維芽細胞の働きを高め、ハリと弾力を保ちます。
活性酸素除去作用 ニキビやシワ、シミなど老化の原因となる活性酸素から肌を守ります。
保湿作用 保湿因子の産生を高め、乾燥しにくい肌を作ります。
疲労回復効果 有害な活性酸素に対する抗酸化作用が強く、全身の倦怠感や疲労の回復を高めます。
免疫力向上 リンパ球の働きを高めることで免疫力を増強させ、風邪やウイルスによる感染症を予防して全身の健康から美肌を守ります。

点滴1回の所要時間:約1~3時間 点滴間隔:週1回定期的に行うことで効果を最大限に発揮できます。 点滴中、血管痛がおきる事がありますが、速度調節等で対応します。点滴後お帰りの際、いつもの様にして頂けます。

注意
・点滴中、血管痛がおきる事がありますが、速度調節等で対応します。点滴後お帰りの際、いつもの様にして頂けます。
・ 初めての方は事前にG6PD検査(別途¥5000)が必要です。 (G6PD検査とは赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。G6PD異常性は25g以上の高濃度ビタミンC点滴で溶血性貧血発作の危険がある為、事前に検査が必要です。)
・癌治療を希望される方は担当医にご相談ください。
・価格は全て税抜表示となります。

マイヤーズ・カクテル点滴

マイヤーズ・カクテル点滴とは

米国のジョン・マイヤーズ医師は30年以上にわたり、喘息、慢性疲労、うつ病などを、ビタミンやミネラルの点滴で治療し効果をあげていました。マイヤーズ医師亡き後に、米国のガビー医師が、現代医学のエビデンスに基づき点滴を改良し、マイヤーズ・カクテルと名付けました。

マイヤーズ・カクテルは人間に必要な栄養素であるビタミンやミネラルを直接血管内に投与し、血中濃度を急速に上昇させることで薬理学的な効果を期待する治療法です。マイヤーズ・カクテルに含まれるビタミンCにはヒスタミンを分解する効果があり、アレルギー疾患に有効です。またマグネシウムは血管平滑筋弛緩作用、気管支平滑筋弛緩作用があり、冠攣縮性狭心症 、気管支喘息の治療にも有効です。

適応症 気管支喘息、片頭痛、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、心不全、狭心症、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、生理不順、耳鳴りなど…

※副作用は稀とされ、アナフィラキシーショックなどがあります。また投与時に熱感を感じることがありますが、問題はありません。

点滴方法

・生理食塩水100mlにビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、C、マグネシウム、カルシウムを入れ30分で点滴します。

・通常は週に1~2回、1~2週間に1回の間隔で接種するのがお勧めですが、病状により増減します。
※自由診療ですので100%自費で徴収致します。

グルタチオン(白玉)点滴

グルタチオン(白玉)点滴とは

グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸を原料にして、体内で生合成されるトリペプチドといわれる物質です。肝臓や肺、心臓、血液、脳などあらゆる臓器の細胞の中に存在しています。
グルタチオンは、健康を維持していく上での必須栄養素で、細胞内の毒物排泄、活性酸素の消去により、細胞を活性化させる働きがあります。加齢とともに減少していきます。
日本では、薬物中毒、自家中毒、妊娠悪阻、湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、肝斑、炎症後色素沈着、慢性肝疾患における肝機能の改善、角膜損傷の治癒促進、放射線療法による副作用などに使用されてきました。
米国では、パーキンソン病、シスプラチンによる末梢神経障害、閉塞性動脈硬化症、慢性疲労、化学物質デトックス、重金属デトックスなどにおいて注目されています。副作用は0.1%未満で稀とされ、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、アナフィラキーショックなどがあります。
特にパーキンソン病患者の脳内において、グルタチオンが減少していることが分かり、米国で臨床研究中です

点滴方法

・通常は生理食塩水100mlにグルタチオン800mgを入れ、15~30分で点滴します。
・通常は週に1~2回、1~2週間に1回の間隔で接種するのがお勧めですが、病状により増減します。
※自由診療ですので100%自費で徴収致します。

酸化ストレス測定

体内の活性酸素の量を調べます。活性酸素は免疫機能を助ける役割なども果たしますが量が増えすぎると健康な細胞を傷つけてしまいます。この傷つけてしまう現象が酸化です。酸化は老化を促進し、がんや動脈硬化などの要因ともなります。酸化の度合いを調べて将来の健康を保つための対策を始めましょう。

検査方法

尿検査を行います。約30分で検査結果がわかります。

酸化とは
人間が酸素を吸うと、吸った酸素の一部が、体内で活性酸素へと変化します。活性酸素の量が過剰になると細胞を攻撃して傷つけるようになります。この攻撃を「酸化ストレス」と呼びます。酸化ストレスによって細胞が傷つくことが「酸化」です。長い時間放置していた鉄製品が、ボロボロにサビついてしまうように、「酸化」の進行を放置しておくと、身体も「サビ」ついてしまい、老化や癌、動脈硬化、高血圧、アルツハイマー病など様々な病気を引き起こします。

糖化ストレス測定

糖化は、食事などで体内に摂取した糖質で余剰になったものがタンパク質などと結びつくことにより、細胞を劣化させる現象です。糖化が進行すると肌のしわやしみなどが発生して、老化が進みます。さらに糖化によって生成されるAGEs(糖化最終生成物)は体内組織に作用して多くの疾患の原因になると言われています。糖化ストレスとは糖化による身体へのストレスや、それによって引き起こされる反応や影響を総合的に捉えた概念です。当クリニックでは専用の機械を用いてをAGEsの測定が行えます。短時間で痛みを伴うことなく体内に蓄積されたAGEsの量を測ることが出来ます。自らの「老化度」が可視化されることで健康意識が高まります。

しみ・そばかす

当クリニックでは、患者様とのカウンセリングを通して、しみの種類や特徴を把握した上で、おひとりお一人に最適な治療をご提案致します。

しみの種類

老人性色素斑・炎症性色素沈着・雀卵斑(そばかす)等

しみの要因

・加齢・心身のストレス・生活環境・乱れた食生活等
※要因は必ずしも一つでは無く、それぞれが複雑に絡み合っています。

肝斑

頬骨のあたりなどへ左右対称に出来る、レバーの様な色をしているしみです。

特徴

  • 多くは30代から40代の女性に見られます。
  • 発生には女性ホルモンのバランスの崩れが関係していると言われています。
  • 妊娠や経口避妊薬の服用、精神的ストレス、肝機能障害、皮膚への物理的な刺激なども原因と考えられています。

しわ・たるみ

しわ・たるみ治療で若返り!見た目年齢マイナス10歳加齢と共に現れるしわ・たるみはお顔の印象を左右します。しわ・たるみは代表的な老化現象であり、見た目が老けて見える大きな原因となります。しわを取り除くことが出来れば見た目年齢マイナス10歳も目指せます。

しわの種類

小じわ、表情じわ、乾燥じわ、たるみじわ etc

出来やすい場所

おでこ、眉間、目元、目の下、口元 etc

ニキビ・ニキビ痕

ニキビ治療

ニキビのお悩みを抱えている方は性別や年齢を問わずたくさんいらっしゃいます。また、ニキビの原因は多岐に渡り、原因に合った治療が必要です。当クリニックでは、内服薬、外用薬にケミカルピーリングやレーザーなど数多くの治療方法を用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

ニキビ痕治療

ニキビを適切な処置をせずに放置していると、赤くなる、凹凸が生じるなどしてニキビ痕になっていきます。一旦、ニキビ痕が出来てしまうと治療にはお時間を要するようになりますのでお早目にご相談ください。適切な治療をご案内させて頂きます。

ホクロ・イボ

ほくろの除去

ほくろは大きさや場所によってはコンプレックスの一因にもなる為、除去を希望される患者様が多くいらっしゃいます。当クリニックでは顔は勿論のこと、全身のほくろ除去に対応いたします。※医師の判断により、悪性腫瘍の疑いがある場合は病理診断を行なっております。

イボの除去

ほくろと同様に男女を問わず、イボ治療を希望される方はたくさんいらっしゃいます。顔や首など目立つ部位にできてしまったイボはメイクでも隠しきれない為、ストレスを感じる原因にもなります。 数分程度で1回の治療を終えることができ、アフターケアもお手軽なので、お気軽にご相談ください。

赤ら顔・毛細血管拡張症

赤ら顔・毛細血管拡張症治療

赤色は赤血球ですので、赤血球をターゲットに治療を行います。つまり、赤血球に吸収されやすい光を照射し、赤血球に吸収されることにより熱反応がおこり、周囲の血管が破壊・吸収されることで、血管の量が減少するという原理です。よって、光には自律神経の働きを抑える力はないため、どちらかといえば、普段から赤色が気になるケースは治療効果が高いと言えます。 だからと言って、一度で効果を得れるものではありません。繰り返し治療していくことで、改善していきましょう。

毛穴のひらき、くすみ

肌の乾燥や加齢による肌のたるみ、皮脂の過剰な分泌などで毛穴のひらきが大きくなると、汚れが溜まり黒ずんできます。大きく開いた毛穴や黒ずみは肌の美しさを損ないます。明るく美しい肌を手に入れる為にも最適な治療法をご提案致します。

多汗症・わきが

わきが・多汗症でお悩みの方へ
ワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれ、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する症状で、運動時などにかく汗の臭いとは異なる特有の臭いがします。
ワキガ、多汗症は手術での完治治療やレーザー機やボトックス注射など様々な方法があります。

多汗症治療 ボトックス注射
洋服の汗じみ、気になる汗のにおい・・・
わき,手,足の多汗症治療に当皮膚科のボトックス注射をお勧めします。
「ボトックス治療」で、サラサラ素肌で過ごせます。
ボトックス(BOTOX)注射は、ボツリヌス菌毒素を原料とし安全に加工された医薬品。ボトックスの多汗症治療は、わきの下や手のひら・足の裏などに汗をかきやすい人の治療として簡単・安全でとても効果的な治療方法です。

方法は、汗をかきやすい部位の皮膚にボトックスが含まれる薬液を注射するだけ。細い針で注射していきますので、痛みの程度はチクッとする程度です。腫れや内出血もほとんどありませんので、気軽にご相談下さいませ。

わきの下や手のひら・足の裏などは緊張による精神的発汗の盛んな場所。ボトックスは皮膚に注射することで汗を分泌する「エクリン腺」の働きをストップします。

ピアス

当院ではピアスをご用意しております
当院ではチタンボール、クリスタル、アクアマリン、ローズとご用意しております。

ピアスの穴が安定するまでは、ファーストピアスをつけていただくことになりますので、ご自身に合った色をお選び下さい。

診療予約

お電話でのご予約

052-831-0555

受付時間:08:30~17:30 (日曜を除く)

インターネットから診療予約

インターネット予約

電話診療予約

電話診療予約フォーム